女子旅~着物に着替えて萩城下町さんぽ

山口県エリアマップ
所要時間
半日~1日
主な交通手段
徒歩・循環バス(まぁーるバス)

白壁やなまこ塀の着物が似合う風情ある城下町を着物に着替えてさんぽ。

松陰神社では人気の可愛い傘を開く「傘みくじ」で運気を開きましょう。人力車もおすすめです。


萩循環まぁーるバス.pdf

START

城下町付近で着物レンタル

城下町散歩のスタートは着物選びから

城下町エリアの気軽に着物を楽しめるお店で着替えをして、さあ出発!

※予約が必要です。

萩城下町

幕末志士ゆかりの城下町にタイムスリップ

分厚い白壁の重厚な武家屋敷、夏みかんが顔を出す土塀や鍵曲など、かつて城下町として栄えた町並みが色濃く残る萩城下町。高杉晋作や木戸孝允など幕末から明治維新に活躍した偉人の生家が現存し、その足跡をたどることもできる見どころ豊富な城下町です。町筋は碁盤目状に区画され、古民家カフェや雑貨屋、史跡などが点在。散策の楽しい町になっています。

着物をレンタルして町を歩けば、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気持ちに。萩の街をもっと詳しく知りたければ、ガイドウォークやガイド付き人力車のコースもあります。また、レンタサイクル、シェアサイクル、レンタル原付のほか、電動キックボードなどもあり、アクティブに楽しめそう!

「明治日本の産業革命遺産」の構成要素の一つとして世界遺産にも登録されている町並みで、あなただけのお気に入りのスポットを探して散策してみてください。

菊屋横町(日本の道100選の白壁)

【全体概要】

藩の豪商・菊屋家をはじめ、幕末の風雲児・高杉晋作の誕生地、第26代総理大臣・田中義一の誕生地がある横町。

なまこ壁の美しいこの横町は「日本の道百選」の一つに選ばれている。

萩城下町の町筋は碁盤目状に区画され、中・下級の武家屋敷が軒を連ねていた。

現在でも町筋はそのままに残り、往時の面影をとどめている。

東西にのびる表通りの御成道に面して藩の豪商、江戸屋、伊勢屋、菊屋の商家が並んでいたため、御成道から南へ入る3つの横町には、それぞれの名が残されている。

江戸屋横町(黒板塀)

【全体概要】

黒板塀の風情ある横町。

萩城下町の町筋は碁盤目状に区画され、中・下級の武家屋敷が軒を連ねていた。

現在でも町筋はそのままに残り、往時の面影をとどめている。

東西にのびる表通りの御成道に面して藩の豪商、江戸屋、伊勢屋、菊屋の商家が並んでいたため、御成道から南へ入る3つの横町には、それぞれの名が残されている。

江戸屋横町には維新の三傑の一人である木戸孝允の旧宅や、蘭方医、青木周弼の旧宅、高杉晋作・伊藤博文ゆかりの円政寺などが並ぶ。

ランチ ~萩市内(旧家カフェ)~

まぁーるバスで約10分(東回りコース)

萩焼会館/萩焼体験

バスで約10分

松陰神社/傘のおみくじ

幕末の師、松陰先生ゆかりの地

吉田松陰を祭神とし、伊藤博文らによって建立された「松陰神社」。境内には世界遺産の「松下村塾」や「吉田松陰幽囚ノ旧宅」など吉田松陰にまつわる史跡が残る萩を代表する歴史スポットです。

多くの著名な門下生を輩出した「松下村塾」の師であることから学問の神様として信仰が厚く、合格祈願に大勢の受験生が訪れます。また、吉田松陰の生き方に感銘を受けた多くの幕末ファンも参拝に訪れています。

松陰先生の教訓入りおみじくや、和傘の形をした「傘みくじ」が人気です。色とりどりに開いた傘みくじが結ばれた木は、フォトジェニックなスポットにもなっています。

徒歩で約15分

東光寺(石灯篭)

元禄4年(1691)に、3代藩主毛利吉就が萩出身の名僧慧極を開山として創建した全国屈指の黄檗宗の寺院で、大照院と並ぶ毛利家の菩提寺です。

総門、三門、鐘楼、大雄宝殿は、いずれも国の重要文化財に指定されており、名刹の面影を残しています。


本堂裏の毛利家墓所は、山口市の香山墓所、萩市の旧天樹院墓所、大照院墓所とともに、長州藩36万石の藩主の墓地。吉就から11代までの奇数代の藩主とその夫人及び一族、関係者の墓があり、墓前には藩士が寄進した500余基の石灯籠が立ち並びます。


このほか殉難十一烈士墓、維新志士慰霊墓八基などがあります。

寺宝類も多く、長州藩御用絵師の雲谷派の絵画、県指定有形文化財の木額、柱聯、傍牌などが所蔵されています。


毎年8月15日に行われる「万灯会」の送り火では、藩主の墓前に家臣が献じた約500基の燈籠に灯が入り、幽玄の世界が広がります。


秋には、参道や大雄宝殿周辺、墓所にて美しい紅葉が見られます。

まぁーるバスで約15分(東回りコース)

萩城下町

幕末志士ゆかりの城下町にタイムスリップ

分厚い白壁の重厚な武家屋敷、夏みかんが顔を出す土塀や鍵曲など、かつて城下町として栄えた町並みが色濃く残る萩城下町。高杉晋作や木戸孝允など幕末から明治維新に活躍した偉人の生家が現存し、その足跡をたどることもできる見どころ豊富な城下町です。町筋は碁盤目状に区画され、古民家カフェや雑貨屋、史跡などが点在。散策の楽しい町になっています。

着物をレンタルして町を歩けば、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気持ちに。萩の街をもっと詳しく知りたければ、ガイドウォークやガイド付き人力車のコースもあります。また、レンタサイクル、シェアサイクル、レンタル原付のほか、電動キックボードなどもあり、アクティブに楽しめそう!

「明治日本の産業革命遺産」の構成要素の一つとして世界遺産にも登録されている町並みで、あなただけのお気に入りのスポットを探して散策してみてください。

GOAL
コースマップを見る

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

萩城下町
more
道の駅 阿武町
more
山口県の2大絶景と下関(定番コース)
more
四季を楽しむ【冬】ふぐと温泉を堪能できる宿に泊まる  
more
吉田松陰ゆかりの聖地を訪れる
more
神上寺
more
SL列車でめぐる萩・津和野・秋吉台
more
はじめての萩・津和野王道めぐり
more
おいでませ山口 よくばり定番2泊3日周遊コース
more
四季を楽しむ【秋】色づく城下と寺社をめぐる  
more