山口名物「瓦そば」って?県内おすすめ店と食べ方・レシピを徹底解説!

山口県の郷土料理と聞いて、何を思い浮かべますか?ふぐや瀬つきアジなど海の幸も有名ですが、山口を代表するソウルフード「瓦そば」は欠かせない!文字通り「瓦」の上にそばがのった姿はインパクト大!つけ麺?焼きそば?かけそば?と興味を惹かれる瓦そばのルーツや食べ方、人気店やレシピをご紹介します。

山口名物「瓦そば」って?県内おすすめ店と食べ方・レシピを徹底解説!

「瓦そば」って何?

下関市・川棚温泉の郷土料理「瓦そば」は、アツアツの瓦の上に風味豊かな茶そばを乗せ、錦糸卵や甘辛く煮た牛肉などの具材を盛り付けた料理です。ジュージューと音を立てて焼ける瓦そばは、温かい濃い目のつゆにつけていただくスタイル。冷めることなく、最後まで出来立てのような美味しさを楽しめます。


300度近い高温の瓦で焼かれた茶そばは、上層はモチモチ、下層はカリカリ!レモンの輪切りやもみじおろしなど薬味を加えるとさっぱりするので、味の変化も楽しんでくださいね。大きな瓦1枚に2人~3人前を盛り付けて提供される瓦そばは、みんなでシェアしていただきましょう!

瓦そばのルーツを探ろう!

瓦そばは明治10年に起こった「西南の役」において、『熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、長い野戦の合間に、身近にあった瓦を火にかけて野菜や肉などを焼いて食べた』というエピソードをヒントに考案されました。


江戸時代、高価な瓦や土塀を庶民が使用することはほとんどありませんでしたが、古くから湯治場として栄えた川棚温泉では治安を守るため特別に民家に瓦を使用することを許されており、「瓦」は庶民の生活に欠かせないものだったのです。瓦そば誕生の背景には、このような川棚温泉ならではの歴史的事情もあったと考えられます。


考案者は、川棚温泉に店を構える「元祖瓦そば たかせ」の創業者、高瀬慎一氏。瓦そばはそのユニークな見た目も相まって評判を呼び、今では家庭でも手軽に作れる郷土料理として山口県民に広く愛されるようになりました。

Column

地元ライターが行ってみた!

食いしん坊女子必見♡川棚温泉でご当地グルメ・スイーツを堪能しよう!お腹も心も満たされる日帰りプランはこれだ!


下関市の奥座敷「川棚温泉」は、山口県に来たら絶対食べたいご当地グルメ「瓦そば」発祥の地でもあります。温泉もグルメも、小腹を満たす新旧スイーツも♡ 大満喫の日帰り温泉女子旅をしてきました♪

地元ライターが行ってみた!

瓦そばはどうやって食べるの?

まずは温かい甘めのつゆに、アツアツの麺と具材をつけていただきましょう。瓦そばは温かいまま食べるのがポイントなので、つゆは冷めないよう最後に用意するのがおすすめ!つゆから出汁の芳醇な香りが立ちのぼり、甘辛い牛肉とマイルドな錦糸卵がモチモチ麺と絡む様はまさに絶品です。

半分ほど食べたら、レモンの輪切りやもみじおろしなどの薬味を入れて味の変化を楽しみましょう。つゆに爽やかな酸味とピリッとした辛みが加わり、さっぱりした味わいに。

最後は瓦そばの下層部分、焼けてパリパリになった麺をいただきます。パリパリ麺はつゆにつけても良いですが、そのまま食べるとおこげの香ばしさとお茶の香りをより強く感じられますよ!

ここは外せない!瓦そばの人気店

瓦そば発祥の店「元祖瓦そば たかせ」をはじめ、下関や萩、山口市内など県内各地の人気店をご紹介!瓦そばの専門店から本格的な日本料理店まで、シチュエーションに合わせたお気に入りのお店に出会えるはずです。


■川棚温泉で瓦そばを食べるならココ!

元祖瓦そば たかせ
元祖瓦そば たかせ
本場の味を堪能するならここ!瓦そば発祥のお店です。かつおと昆布をたっぷり使った秘伝のつゆは、上品で奥行きのある味わい。香り豊かな茶そばとの絶妙なハーモニーがたまりません!瓦そばと並ぶ人気メニュー「うなめし」のセットもおすすめです。
もっと見る
川棚グランドホテル 瓦そば本店 お多福
川棚グランドホテル 瓦そば本店 お多福
保湿性が高い本物の瓦を使用!「お多福の瓦そば」のためだけに作られたこだわりの茶そばと、鯖節・煮干・昆布等を厳選醤油とみりんでじっくり煮詰めた調理長特製だしが、瓦そばの旨味を最大限に引き出しています。
もっと見る

■川棚温泉以外の県内おすすめ店はココ!

  • 一覧を見る
  • 地図を見る
うどん茶屋 橙々亭
うどん茶屋 橙々亭
more
平家茶屋
平家茶屋
more
長州苑 香山
長州苑 香山
more
瓦そば柳屋 長門湯本店
瓦そば柳屋 長門湯本店
more
瓦そば柳屋 山口 一の坂川店
瓦そば柳屋 山口 一の坂川店
more
ごはん処りゅう庵(元祖瓦そば たかせ)
ごはん処りゅう庵(元祖瓦そば たかせ)
more

瓦がなくても大丈夫!自宅で作ってみよう

家庭でも、フライパンやホットプレートを使用して手軽に作ることができる瓦そば。トッピングも色鮮やかなので、パーティーやおもてなし料理にもぴったりです!


【材料】3~4人分

茶そば(乾麺可)300g
卵 2個
牛肉のコマ切れ 200g
調味料B(砂糖小さじ2、塩少々)
調味料A(みりん、砂糖、しょうゆ 各大さじ1)
細ネギ、レモン、大根、刻みのり、ごま油、市販のめんつゆ 各適量


【作り方】

①ネギを小口切りにし、刻みのりを用意。レモンを輪切りにし、もみじおろしを作る。

②卵に調味料Bを混ぜ、薄焼き卵で錦糸卵を作る。

③牛肉をさっと炒め調味料Aを入れ、水分がなくなるまで甘辛く煮る。

④熱したホットプレートにごま油を入れ、茶そばを混ぜながら炒める。

 ※乾麺を使用する場合、茶そばは少し固めに茹で水気を切っておく。

⑤茶そばを広げてこげ目がついたら、錦糸卵、牛肉、ネギ、刻みのりを彩りよく盛り付ける。

 最後にレモンの輪切り、もみじおろしを盛り付けたら完成!

⑥つけつゆは市販のめんつゆでOK!食べる直前に温めためんつゆを添えましょう。



食べる時もホットプレートの保温は切らないでくださいね。最後まで茶そばのカリっとした食感を楽しめます。県内のスーパーで販売されている、麺とつゆが入った”瓦そばセット”を利用するのもおすすめです。お土産用に乾麺も販売されているので、お取り寄せも可能!


見てよし、食べてよし、香りよしの山口の郷土料理をぜひご家庭でも味わってみてください。