赤間神宮

悲劇の幼帝・安徳天皇を祀る、陸の竜宮城

  • 赤間神宮
  • 赤間神宮
  • 赤間神宮
  • 赤間神宮
  • 赤間神宮
  • 赤間神宮
  • 赤間神宮
  • 赤間神宮
  • 赤間神宮
  • 赤間神宮

壇ノ浦の合戦に敗れ、わずか8歳という幼さで入水された安徳天皇を祀る「赤間神宮」。竜宮城をイメージして建立された朱色の水天門が、堂々と参拝客を迎えてくれます。

水天門をくぐると境内には、安徳天皇阿弥陀寺御陵や貴重な資料を展示した宝物殿などがあります。毎年5月3日には、上臈参拝で有名な先帝祭のメイン会場となります。夜のライトアップも見逃せません。

また、赤間神宮の前身「阿弥陀寺」は、小泉八雲の怪談で有名な「耳なし芳一」の舞台になったお寺です。芳一堂には琵琶を弾く芳一の像が立ち、隣には平家一門の墓が並びます。今でも芳一は平家の亡霊に琵琶を弾き語っているのかもしれません。

平清盛の妻、二位尼は安徳天皇を抱えて入水する際に「海の中にも都はございます」と歌を詠んだといわれています。壇ノ浦を見守るように建つ鮮やかな赤間神宮は、関門海峡のシンボルです。

しものせき海峡まつり・先帝祭

毎年5月2日~4日に、悲劇の幼帝・安徳天皇を偲ぶ「先帝祭」が開催されます。中でも“上臈参拝”が行われる3日は、「関の先帝、小倉の祇園、雨が降らなきゃ、金が降る」といわれ、豪華絢爛たる道中を見る人で、通りは埋めつくされます。

上臈参拝
上臈参拝
この日のために設けられた赤い舞台を歩く行列を一目見ようと、多くの人が訪れます。
more
太夫
太夫
華やかな衣装をまとった太夫。
外八文字
外八文字
「外八文字」という独特の足さばきを披露します。
源平武者行列
源平武者行列
甲冑や官女の衣装をまとった人々が、源平に分かれて市街地を行進します。

このスポットの見どころ

下関のパワースポット、赤間神宮では平家ゆかりのスポットが残されています。

七盛塚
七盛塚
壇ノ浦の合戦後、開聞海峡で海難事故が頻発するようになりました。これを平家の怨霊の仕業と考え建てられた供養碑がこの七盛塚です。
more
安徳天皇阿弥陀寺御陵
安徳天皇阿弥陀寺御陵
壇ノ浦の合戦で崩御された安徳天皇の御陵です。陵は円墳で玉垣と土塀で二重に囲まれています。
more
宝物殿
宝物殿
源平合戦の様子が記された貴重な資料など、重要文化財が展示されています。小さいですが見ごたえのある宝物殿です。
more
高浜虚子句碑
高浜虚子句碑
1928年に俳人・高浜虚子が下関を訪れた際詠んだ「七盛の墓包み降る椎の露」という句を刻んだ句碑が、七盛塚の前に建っています。

基本情報

住所
〒750-0003 山口県下関市阿弥陀寺町4-1
お問い合わせ
赤間神宮
電話番号
083-231-4138
営業時間
宝物殿 9:00~16:30
休業日
無休
料金・営業時間・休業日など
宝物殿100円
アクセス
■バス
JR下関駅からバス9分「赤間神宮前」下車すぐ
JR新下関駅からバス約20分「赤間神宮前」下車すぐ
駐車場
普通車50台
バリアフリー情報
多機能トイレ
ウェブサイト
赤間神宮

周辺にあるスポット

耳なし芳一まつり
耳なし芳一まつり
more
平家雛流し神事
平家雛流し神事
more
うに供養祭
うに供養祭
more
古地図を片手にまちをあるこう<赤間関編>北前船が寄港して繁栄し、近代建築の街並みが今も残る商業都市
古地図を片手にまちをあるこう<赤間関編>北前船が寄港して繁栄し、近代建築の街並みが今も残る商業都市
more
日清講和記念館
日清講和記念館
more
春帆楼
春帆楼
more
本陣伊藤邸跡
本陣伊藤邸跡
more
しものせき海峡まつり・源平船合戦
しものせき海峡まつり・源平船合戦
more
旧内務省下関土木出張所乾船渠
旧内務省下関土木出張所乾船渠
more
引接寺
引接寺
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

角島大橋
角島大橋
more
壇ノ浦古戦場跡
壇ノ浦古戦場跡
more
唐戸市場
唐戸市場
more
下関市立しものせき水族館・海響館
下関市立しものせき水族館・海響館
more
火の山公園
火の山公園
more
元乃隅神社
元乃隅神社
more
秋芳洞
秋芳洞
more
秋吉台
秋吉台
more
別府弁天池
別府弁天池
more
錦帯橋
錦帯橋
more