まるでアミューズメントパーク⁉行列のできる山口県の人気レストラン「山賊」全5店舗を徹底ガイドします

山口県民で知らない人はいない、年中まるでアミューズメントパークのように賑わっているお食事処「山賊」。現在は、山口県内に2箇所、合計5店舗があります。

今回は全5店舗を実際にめぐって、それぞれのお店の魅力をご紹介!絶対に食べるべきおすすめメニューはもちろん、各店舗の特徴や楽しみ方を徹底ガイド♪私自身、いつも決まったお店にばかり行っていたのを後悔したくらい、どの店舗も本当に魅力が盛りだくさん!

初めての方はもちろん、何度も訪れている方も是非、最後まで読んでいただけると嬉しいです♪
花屋の娘 りょか
花屋の娘 りょか
1223pv
まるでアミューズメントパーク⁉行列のできる山口県の人気レストラン「山賊」全5店舗を徹底ガイドします

「山賊」ってどんなところ?

「山賊」は、山口県民で知らない人はいない、年中まるでアミューズメントパークのように賑わっているお食事処です。

山口県内には、玖珂店に「いろり山賊」「竈(かまど)」「桃李庵」の3店舗、錦店に「山賊砦」「一燈銭」の2店舗、計5店舗があります。(周東店は閉店)

名物の「山賊焼き」をはじめ、大きさにびっくり!の「山賊むすび」や「山賊うどん」、最高級の焼肉「皇牛(すめらぎぎゅう)」など…一度食べたらその味の虜に♡地元民はもちろん、遠方からも多くの人が訪れる山口県屈指のお食事処です。


●営業時間

玖珂店 10:00~24:00(ラストオーダー 23:00)

錦店 10:00~22:00(ラストオーダー 21:00) 

※店舗ごとに休みが異なります。臨時休業日もあるので、HPを確認しておでかけください。

山賊 全5店 徹底ガイド①【玖珂店「いろり山賊」】

山陽自動車道玖珂(くが)ICから「山賊」の看板を目印に約5km進んだところに突如として現れる集落?!が「山賊」玖珂店。

「山賊」の元祖のお店です。


店内に入ると、名物の山賊焼が囲炉裏で豪快に焼かれていて、ワクワク感が高まります。

屋外席が多いのが特徴で、季節を感じながら食事を楽しむことができます♪

敷地内には、縁結びや安産のご利益があるといわれる神社やお地蔵様も。

この独特の雰囲気を味わうために山賊に通うという人も多いくらい、素敵なロケーション♡

休日となると行列ができ、約1時間待つこともざらにあります。(笑)

  

●店休日… 火曜日 

●注文の仕方

店頭で食券を購入→座りたい席を探す→決まったらスタッフの方に食券を渡す→料理が来るまで待つ

初めて行く方は、参考にしてみてください♡


店前にはお土産コーナーやフォトスポットなどがあり、食事だけでなく、まるで遊園地のように楽しめるところがポイントです。

小さい頃よく家族で来て、弟と太鼓のたたき合いをしたりパネルに顔をはめてふざけた写真を撮ったりして遊んだな~♡ 懐かしい~!(笑) 

今でもとっても良い思い出です♪


こちらがそのフォトスポット!

よ~く見てみて♡ 顔の中にいるのは~、、、かしわちゃん!

今回も一緒に旅しました♪

山賊 全5店 徹底ガイド②【玖珂店「竈(かまど)」】

続いて、2店舗目は 「いろり山賊」のとなりにある、玖珂店「竃(かまど)」です。

名前のとおり、店内には大きなかまどが。昔の台所をイメージしているそうです。

店内席と屋外席があり、屋外席では滝が流れ落ちるのを眺めながら食事ができるのが特徴。

また、「いろり山賊」よりもメニューが豊富です。

 

●店休日 … 水曜日 

●注文の仕方

店舗入口の受付表に名前を記入→順番に案内されるのを待つ→注文


受付場所

どこで食べるか迷ってしまいますが、その日の気分で決めるのが一番♪

今回は滝が流れ落ちる音を聞きたかったので屋外席へ♪


外の様子

この景色を見ながら食べるご飯はいつ行っても最高…♡

「でも、寒い冬はちょっと…」という方も安心してください!


肌寒くなってくる10月中旬~4月中旬あたりまでは屋外席がこたつ席に変身します!

あたたかいこたつに入って、滝に癒されながらいただくお料理は雰囲気も含めて最高です♪



さっそく注文!!

今回は定番&人気メニューを中心にいただきました!


①『山賊焼き(税込880円)』

まずはこれ!山賊に来たら『山賊焼き』を食べずには始まりません!

鳥肉にタレのみのシンプルな味付けなのに、とても病みつきになる♡このままかぶりつきます!


こんな風にお箸入れを付けると手をあまり汚さず食べることができるので、ぜひ試してみてください♪


②『山賊むすび(税込550円)』

巨大なおにぎりの具は、鮭、こぶ、梅 の3種類。はじめに何が出てくるのかわくわくするのも楽しい!

思わずがぶりと頬張っちゃいました♡笑

ただ、ひとりで食べきれるか少し不安…(笑)そんなときは注文時に『半分』と書いておくと、キレイに半分に切って出してくれます♪一緒に行く人と半分こして食べるのもおすすめの方法です!


③『山賊一口そば(税込450円)』

こちらは、大好きな『山賊手打二八そば』の一口サイズ版です。色々食べたい方や、小食な方向けに一口サイズのメニューがあるのもうれしいところ♪


その他にも、『山賊手打うどん』や『山口県産和牛のステーキ』などおいしそうなメニューがたくさん!

山賊 全5店 徹底ガイド③【玖珂店「桃李庵(とうりあん)」】

3店舗目は、玖珂店「桃李庵(とうりあん)」。

中がお座敷になっていて、大きなお城風の建物の中でお食事をいただけるのが特徴。

竃店と同じところから入り、一番奥まで進んだところにあります。


●店休日 … 木曜日 

●注文の仕方

店舗入口の受付表に名前を記入→順番に案内されるのを待つ→注文


桃李庵のメインは「皇牛の肉料理」。

お肉料理を堪能したい方には、こちらのお店がイチオシです。


竈店との共通通路には郷土玩具コーナー、店前にはお土産コーナーがあります。

お弁当やおはぎ、昔のおもちゃなど…色々なものが置いてあるので見るだけでも楽しい!お腹いっぱい食べた後はお土産を買って帰るのも良いですね♪


中でも私のお気に入りは、『山賊焼味のポテトチップス(税込150円)』。

山賊焼の味を手軽に食べれることが嬉しい~♡!


「飛騨こんろ」は家で気軽に山賊風の焼き方を楽しめそう!!


玖珂店を満喫したところで次の「錦店」に向かいます♪

山賊 全5店 徹底ガイド④【錦店「一燈銭(いっとうせん)」】

玖珂店から車で走ること約50分。『錦店』は、国道187号線沿いの錦町の山奥、中国山地の一番標高の高いところにあります。

玖珂店よりも空いているため、のんびり過ごしたい方におすすめ!


4店舗目の錦店「一燈銭(いっとうせん)」は、明治維新時代の「一燈銭申合わせ」が店名の由来だそう。京都祇園祭の長刀鉾(なぎなたほこ)がモチーフになっています。


●定休日…水曜日


お店に入ると、すぐ目の前に提灯がずらり。まるでおとぎ話の世界に来たかのような感覚でテンションが上がる~!あえてだと思いますが、屋根は低くて、とても落ち着く空間でした。


同じ山賊なのにそれぞれのお店で全く異なる雰囲気なのが本当に魅力的。

 ”アミューズメントパーク” と言われる意味がよく分かります♪


基本的なメニューは玖珂店と同じですが、一部取り扱いがないお料理も。どうしても食べたいものが決まっている場合は、事前のお問い合わせをおすすめします。


せっかくなのでデザートを食べることに!

①『田舎ぜんざい(税込940円)』

お腹に余裕があれば、毎回食べるくらい大好きな山賊のぜんざい!

いろりで好みの焼き加減にお餅を焼いて、やさしい甘さのぜんざいと一緒に食べます。

まるでおままごとをしているような感覚で楽しむことができますよ♪


この美味しさ、写真から伝わりますよね?また食べたい~!笑

お餅は『いろり』で焼くことで、香ばしく風味がとっても良くなるんです!!

サイドには温かいお茶とお漬物がセットになっていて、甘いぜんざいとお漬物を交互に食べるのがたまらない…♡

山賊 全5店 徹底ガイド⑤【錦店「山賊砦(とりで)」】※改修工事のため休業中(2022年12月)



最後にご紹介する錦店『山賊砦(とりで)』は山形県の「兜造り多層民家」をモチーフに作られていて、風格のある屋根形状が特徴。

現在は厨房工事のため残念ながら休業中です。

完成するのは約2年後とのことなので、営業再開を楽しみに待ちましょう。


秋を感じながらお店の周りをお散歩していると、とても素敵な場所を見つけたのでご紹介します。


★裏庭

紅葉の季節だったこともあり、本当にきれいでした。この景色をみながらぼーっとする時間がとても幸せだったな~♡


★足湯

お食事処に足湯があるなんてとても驚きました!笑

お腹いっぱい食べた後の足湯は贅沢すぎる…♡温泉施設に来たかのような気分を味わうことができました。足ふき用タオルも置いてあるので、気軽に入ることができますよ♪


裏庭、足湯ともに錦店の共用エリアにあります。錦店に来られた際はぜひ行ってみてください。

あなたのお気に入りはどのお店?魅力盛りだくさんの山賊めぐりを楽しもう!

美味しい料理だけでなく、四季を感じながら大人から子供までみんなで楽しめるアミューズメントパーク「山賊」をご紹介しました。

何度も訪れたことはあったけど、お店によって建てられ方やモチーフが違っていて、こんなに個性豊かだったなんて知りませんでした。

みなさんも是非お気に入りのお店を探してみてください!

  • いろり山賊 玖珂店
  • 竈 玖珂店
  • 桃李庵 玖珂店
  • 一燈銭 錦店
  • 山賊砦 錦店

この記事を書いた人

花屋の娘 りょか

山口生まれ山口育ち。花屋で働いている23歳です!休みの日は、旅行やカフェ巡りをすることが好きです。どこへ行っても「住むには山口県が1番だな」と感じます。そんな大好きな山口県の魅力をもっと知ってもらうため、友人や家族、ひとりでも行けるおすすめスポットをZ世代目線で発信します!

花屋の娘 りょか