山口県と言えば「ふぐ」!平日も楽しめる下関市「唐戸市場」で、おすすめランチやお土産をお得に満喫!

山口県を代表するグルメといえば「ふぐ」。特に下関市はふぐ取扱量が全国1位!
日本で唯一のふぐ専門卸売市場「南風泊市場(はえどまりしじょう)」があり、日本全国で水揚げされたふぐが集まる「ふぐの本場」です。
ふぐは高級魚のイメージがありませんか?実は本場だからこそリーズナブルな価格で楽しめる場所がいくつもあるんです。
中でもおすすめしたいのが「唐戸市場」。市場が賑わう休日も勿論おすすめですが、平日でも十分に楽しめます♬今回は唐戸市場のフググルメを徹底調査してきました!フググルメに加えて、駐車場、営業時間から大人気の食堂や回転寿司の情報までご紹介します!
池田モト
池田モト
3168pv
山口県と言えば「ふぐ」!平日も楽しめる下関市「唐戸市場」で、おすすめランチやお土産をお得に満喫!

唐戸市場はふぐがお出迎え!市場内にもふぐがいっぱいで目移りしちゃう。

関門海峡をのぞむ海沿いにある下関市の「唐戸市場」  

事業者だけでなく、一般の人も自由に出入りすることができるので、観光スポットとしても人気!

安く新鮮な海の幸を購入することができます。

行くなら品揃え豊富な午前中がおすすめ。私は早起きして朝8時から行ってきました!



入り口では、ふぐの巨大オブジェが迎えてくれます!

存在感たっぷりで、写真を撮っている方も沢山いらっしゃいました  



オブジェとは反対の海側にある出入り口付近には、青い大きないけすがいくつも並んでいるのですが、横から中が見えるようになっていて、元気に泳ぐふぐを発見しましたよ~!!

それでは、市場内を散策してみましょう。市場内には、所狭しとたくさんの店舗が立ち並んでいます。

ふぐを扱うお店も多く、店舗の看板には個性豊かなふぐたちがいました 



新鮮なお魚の並びには、捌いたふぐもありました。

贅沢な4000円のトラフグ!



1000円台のお手頃の価格で買える、ショウサイフグも。


もちろん調理されたものもあります!ふぐ料理と言えば定番は「ふぐ刺し」。



贈答用の大きなふぐ刺しの菊盛り!



1人で食べるのにちょうどいいサイズのふぐ刺し。



焼くだけ・揚げるだけに加工されたふぐの一夜干しや唐揚げも!


様々な店舗がふぐ商品を扱っているのでどこで買うかかなり悩むはず…  

じっくり周って選んでくださいね。

Column

土日祝限定!屋台イベント「活きいき馬関街」で食べ歩き・ふぐグルメを満喫!

唐戸市場と言えば、毎週末(金曜~日曜)・祝日に開催される屋台イベント「活きいき馬関街」も有名ですよね  

イベントの開催日は手軽に食べられるふぐグルメがさらに充実!握りずしやふく汁、揚げたての唐揚げ、ふくコロッケなど多彩なメニューがそれぞれ数百円で楽しめるので、いろいろ買って食べ歩きしてみてください。

「活きいき馬関街」の食べ歩きや唐戸市場周辺スポットを紹介している記事もぜひ合わせてご覧ください♪

土日祝限定!屋台イベント「活きいき馬関街」で食べ歩き・ふぐグルメを満喫!

ここにしかない!?ふぐ自販機&何が当たるかワクワクのふぐガチャ

市場内を歩いていると、ちょっと珍しいものを発見しました  

株式会社吉田水産の売り場の一角に設けられた「ふぐの自動販売機」。

その隣には「ふぐガチャ」と名付けられた無人販売コーナー。

どっちも気になったので、どちらもやってみましたよ。



まずは「ふぐの自動販売機」から。

大きなふぐ・太陽・海が描かれた派手な見た目で目立ちますねー!



「日本唯一のふぐ自販機」とも書かれていました。

商品はすべて冷凍食品で、ふぐ柚子こしょう生茶漬け、唐揚げ用の切り身、鍋用切り身、ふぐ刺し、皮刺しなど…ふぐの定番メニューが揃っています  


今回は、右上にある激安!!と書いてあった300円の天然トラフグ皮刺にしました。

皮刺しのぷるぷるコリコリした食感が大好きなんですよね

お金を入れて右端にあるパネルで操作して購入!



キンキンに凍った皮刺しが出てきました~!

300円なので少しだろうと思っていましたが、結構たくさん入っていて大満足です。



続いてお隣の「ふぐガチャ」へ。

冷凍庫内にカラフルなふぐが描かれた箱がいくつも入っていて、箱の中身は見えないようになっています。

3000円のふぐガチャの隣には10000円のプレミアムふぐガチャもありました  


今回は3000円のふぐガチャにチャレンジしてみましたよ  



何が当たるかと言いますと、ノーマルなら3000円相当のふぐの刺身セット、ダブルスーパーレアなら養殖ふぐ料理の詰め合わせ、レジェンドレアなら白子付きの天然トラフグ料理の詰め合わせ(なんと1万5000円以上相当!?)、さらにシークレットもあり、全9種類のうち1つが入っています!

何が当たるか分からなくてワクワクしますし、ノーマルが出ても損はないので安心ですね。



やり方は、設置されている封筒に3000円を入れ、冷凍庫横にある銀のポストに投函し、冷凍庫からこれだと思う1つを選びます。


「天然トラフグのセットが出ますように…」と祈りながら、私もびびっと来た1箱をチョイス  

ずっしりしていたので、「これは当たりかも?」なんて思いながら持ち帰りました。



帰宅してすぐに開けてみると…中にはふぐ刺しが3パック、ノーマルでした。

ずっしり感じたのは保冷剤だったんですね…。悔しい!

その日の夜ご飯でふぐ刺しを解凍して食べましたが、ふぐのコリコリした食感がしっかりあって美味しかったですよ♪


珍しい「ふぐの自動販売機」と「ふぐガチャ」、唐戸市場に来たら試してみてくださいね  

2階の食堂街へ!「市場食堂 よし」でふぐ尽くし定食を食べてみて

たくさん歩いてお腹も減ってきたところで、ちょっと早めのランチをいただきましょう!  


向かったのは唐戸市場2階にある「食堂街」。

新鮮な海鮮を使用したお寿司屋さんや食堂があります!

今回は朝6時から(日・祝は朝8時から)開店している「市場食堂 よし」にお邪魔しました  


店内は昔ながらの食堂といった雰囲気で、カウンターと座敷席どちらもあります。

私が行った時間帯は席に空きがありましたが、時間帯によってはすぐに満席になる人気店。

お店の方によると、遅い朝ご飯か早い昼ご飯として9時半~10時半ごろの時間帯に来ると空いていることが多く狙い目だそう!  

早い時には12時半頃に売り切れてしまうメニューもあるとのことです。


まずは入り口のセルフレジで注文。(操作はお店の方がやってくださいました!)

定食や丼がいろいろあって迷いますが、今回はふぐ尽くしで楽しみたいので「ふくふく定食(2400円)」にすることに  

お支払いを済まし、席に座って待っていると…来ました~!



「ふくふく定食」はふく刺し、ふくの唐揚げとアラ炊き、ご飯、味噌汁がセットになっています。

これが2400円だなんてお得ですよね?



ふぐ刺しは白くてつやつや。プリコリッと弾力ある食感でおいしい♡



唐揚げは大きく肉厚でびっくりしました!(その日の仕入れによって大きさは異なります)

外はカリッ、中はふわふわでしたよ~。ボリュームがあってお腹もいっぱいになりました!


他にもいろいろな種類の定食がありますが、お店の方いわく、複数人で来た時はそれぞれ別の定食を頼んでシェアするのがおすすめだそうです♪

観光客の利用も多く、お店が空いているときは、お店の方が観光情報を教えてくれることもありますよ  


【市場食堂 よし】

営業日:月~土曜 6:00~14:00 日・祝 8:00~14:00 

電話:083-232-4069

定休日:火曜・水曜

Column

平日でも安心!「海転からと市場寿司」で新鮮なお寿司を♬

平日はお寿司が食べられないのか…と思われた方!ご安心ください  

2階に「海転からと市場寿司」という、板前さんが握る回転寿司があります!

そこらの回転寿司とはクオリティが全然違いますよ  

平日でも安心!「海転からと市場寿司」で新鮮なお寿司を♬

お土産もふぐ!ふぐ!ふぐだらけ♪

続いてはお土産をチェックしてみましょう!

多彩なふぐのお土産が唐戸市場で買えるんですよ。


特に唐戸市場内の国道側にある食品卸センターには、お土産を扱う店舗がずらりと並んでいます  



ふぐ雑炊やふぐ茶漬けだけでもたくさんの種類が!  



ふぐをモチーフにしたおせんべいやお饅頭、パイなど大人数に配るのに便利なお菓子も、種類豊富でどれにするか迷ってしまいます。



お酒好きの方にはフグのひれ酒がいいですね~!

ふぐの形をしたインパクトのある容器に入ったヒレ酒も  



唐戸市場を歩いて1番よく目にしたお土産が「ふくっ子ちくわ」。

多くのお店で取り扱っていて、人気NO.1の記載も。



ふぐエキスが入っているそうで、食べてみるとほんのりふぐの風味  

プリっと歯ごたえのある食感も魅力です♪

食品以外ではキーホルダーやふぐの土鈴、がま口なども。

ふぐのおとぼけ顔が何とも言えず、どのアイテムもとっても可愛いかったですよ~  


あなたはどのふぐにしますか?

グルメもアイテムも唐戸市場で素敵なふぐ土産を探してくださいね。

Column

知ってる?福を呼ぶ!フクマネキン

食堂を利用しに2階へ上がったら、2階にいる「フクマネキン(福招金)」を探してみてください!私も今回行くまで気づかなかったのですが、リアルなふぐ姿をしたこのフクマネキンは唐戸市場のマスコットだそうで「顔をなでるとご利益があるかも」しれないそうです。

縁起もよく記念写真にもぴったりだと思います♪

知ってる?福を呼ぶ!フクマネキン

山口県自慢のふぐを楽しむなら唐戸市場へ!


今回は下関市の唐戸市場でふぐを堪能してきました!  

高級魚のふぐですが、お得に楽しみたいなら唐戸市場は外せないスポットです。

山口県民で唐戸市場に行ったことがある私は、市場内にふぐグルメが多いことはもちろん知っていましたが、ふぐを目当てに探してみると思った以上に多彩なふぐグルメ・アイテムが扱われていて驚きました  

お店の人も皆さん気さくなので、お話を楽しみながら買い物されてくださいね。


「活きいき馬関街」が開催される日は非常に多くの人で賑わうので、食べ歩きグルメや活気溢れる雰囲気を楽しみたい方には「活きいき馬関街」開催日の金・土・日・祝日がおすすめ  

一方、平日ならそれほど観光客も多くなく、ゆっくり見て回れるので、のんびり唐戸市場をみて、食堂で落ち着いてご飯を食べたい方には平日がいいと思います!


ぜひ唐戸市場で山口県のふぐを楽しんでください  


【施設情報】

住所:下関市唐戸町5−50 

駐車場:唐戸エリアの駐車場をご利用ください。詳しくはこちら。(下記マップでも位置のみご確認いただけます)

  • 唐戸市場
  • 唐戸市場駐車場
  • 下関市営赤間町駐車場
  • カモンワーフ駐車場
  • 下関市営細江町駐車場
  • 海響館駐車場
  • シーモール駐車場
  • 下関市役所駐車場

Column

ふぐはやっぱり本場山口で!

本場だからこそ、ちょっと贅沢にフルコースが食べられる店からランチで気軽に楽しめるお店まで、ふぐの歴史背景とともに山口県でのふぐの楽しみ方をご紹介します。

ふぐはやっぱり本場山口で!

この記事を書いた人

池田モト

生まれ育った山口県がぶち好きなんちゃ!1児(3歳)のママ。趣味はおでかけ、特技はお出かけの情報収集。

山口県を拠点にフリーアナウンサー、取材力を活かしてライターとしても活動しています。

「もっと山口が好きになる・知りたくなる・行ってみたくなる」山口県にある数えきれない魅力を県内外に発信していきます!

池田モト