木戸孝允別邸跡

【施設概要】

木戸孝允は萩城下の出身です。幕末の頃は桂小五郎の名で知られ、尊攘、討幕運動に奔走しました。

 維新後は明治政府の参議となり、版籍奉還、廃藩置県などを推進し、明治4年には岩倉欧米使節団に加わり外遊。明治10年5月26日、西南戦争のさ中に京都で病没しました。享年45。西郷隆盛・大久保利通とならび「維新三傑」と呼ばれています。

 木戸孝允は晩年、皇居に近い富士見町の本邸の他にこの地に「染井別邸」を設け、心許せる友をここに招き、時には近くの六義園を散策し、疲れ切っていた体と心を癒やしていました。

 現在でも、「明治天皇行幸所木戸旧邸」と刻まれた石標が電通生協会館の右隣に建っています。

基本情報

住所
東京都文京区駒込1丁目
アクセス
・JR山手線・東京メトロ南北線駒込駅1番出口から徒歩

レコメンド

周辺にあるスポット

玉乃世履墓
玉乃世履墓
more
山田顕義墓
山田顕義墓
more
山縣有朋墓
山縣有朋墓
more
遠藤謹助墓
遠藤謹助墓
more
椿山荘
椿山荘
more
皇典講究所跡
皇典講究所跡
more
蕃書調所跡
蕃書調所跡
more
吉田松陰終焉の地
吉田松陰終焉の地
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

五卿登陸処
五卿登陸処
more
伊藤博文墓
伊藤博文墓
more