秋吉台で絶対に訪れたいパワースポット『別府弁天池』で、大人も子どもも美味しい♪釣り堀体験!

目を疑うほどに透き通ったクリスタルブルー。こちら、写真の加工は一切しておりません♪
吸い込まれてしまいそうなくらい美しいこの池は、秋吉台や秋芳洞から車で約15分程の場所にある人気のパワースポット、『別府弁天池』です。
"大人も子どもも楽しめるシリーズ♪"、今回は、池の隣にあるニジマスの養殖場で、子どもたちと一緒に釣り堀体験を楽しんできました!
なんと、釣ったばかりの魚をすぐに調理していただける食堂があるのですよ~!
カルスト台地がもたらす自然の神秘を、目で、舌で、体で!体感してきました♪
サキエ
サキエ
229pv
秋吉台で絶対に訪れたいパワースポット『別府弁天池』で、大人も子どもも美味しい♪釣り堀体験!

まるで宝石みたい…神秘の水を湛える『別府弁天池』

『別府弁天池』のある山口県美祢市の隣、長門市在住の我が家では、コーヒーやお茶、そしてお米を炊く水に、こちらの湧き水を使わせていただいています。

日本名水百選に選ばれているこちらのお水、ほんと~うにおいしいんです  

その理由は、すぐ近くに広がるカルスト台地『秋吉台』による自然の神秘そのもの!


 

 

 "カルスト"とは…

 石灰岩が雨水や地下水などに溶かされてできた地形のこと。

 日本最大級のカルスト台地である『秋吉台』のはじまりは、今から3億5,000万年前。

 南方の遠く温かい海でサンゴ礁として誕生し、

 たくさんの生物の化石が多く含まれた石灰岩が、

 海底火山の噴火やプレート運動などにより

 海から山へ、堆積しながら移動して形成されたもの。

 石灰岩の厚みは500m~1,000mもあり、そこに雨水が流れ、

 長い時間を掛けて石灰岩が溶けて今の地形になった。

  


実はここもカルスト台地の一部で、石灰岩が溶けてぽっかり空いた凹型の穴"ドリーネ"が池となり、その底から水が湧いています。

カルスト特有の水質のため、カルシウムと炭酸水素塩が豊富。

カルシウムの含有量は20ppm、これは人間の口にぴったりな濃度なんだだそうです。


さて、水汲みに来るたびに、奥に見えている『にじます釣り堀』の看板が気になっていた私…。

「ニジマス」ってどんな味なんだろ?川魚だけどサケ科なので、もしかしたら私が大好きな「アマゴ」に味が似てるのかな?

こんな綺麗で栄養豊富な水で育った魚なら、きっと美味しいに違いない!

どうせなら釣りが大好きな子どもたちと、自分たちで釣った「ニジマス」を食してみたい♪と今回の計画を思いつきました!

さぁ~今日のランチを釣るぞぉ~!と子どもたちも大はりきりです  

まずは小さなせせらぎに沿って別府厳島神社の境内に湧き出る『別府弁天池』へと歩いていきます。

すでにマイナスイオンが心地いい…  

いきなり別世界!な鎮守の森に入ります。

杉やヒノキ、アラカシなど様々な巨木が悠然と立ち並んでおり、

それを縫うように流れるせせらぎの音、そしてフィトンチッドとマイナスイオンに包まれながら歩いていくと…

その巨木たちが落とす影の中に、キラキラと煌めく青い池が見えてきます!

(駐車場から徒歩1、2分)


その光景にはきっと誰もが一瞬目を疑います  


信じられないくらい透明な水を湛えた池を、7歳のお姉ちゃんがこう表しました。

「まるで大きな宝石みたい!」

中心部の水深は約4mとのことですが、あまりに透き通っているので底がすぐ近くのように見えて、泳いでいる魚は、飛んでいるかのようです(笑)。

この時は曇っていて太陽の光が弱かったのですが、それでもこんなに青く見えるのはとても不思議な感じがしました。

青色の秘密は、ミネラルを豊富に含んでいるために光の屈折率が普通の水と異なるからなんだそうです。


池の底をじーっと見つめていると、なんだか地球の内部への入口のよう!?で、引き込まれような錯覚、一体になるような感覚になりました  

うーん、やっぱりパワースポットだ。


毎秒186リットル、毎分11トンもの水が池の中央部から絶えることなく湧き続け、枯れることなく、千年以上も前からここにこうして在り続けてきた場所…。

古の人はこの神秘的な水の恩恵に感謝と祈りを捧げ、いつしか神社が形成されていったのかもしれません。

ニジマス養殖場で釣り堀体験!

パワースポットでパワーチャージをしたあとは、いよいよアクティビティ  

池の隣にニジマス料理の食堂『弁天会館』があり、その奥にあるニジマスの養殖場(美祢市養鱒場)で、釣り堀体験ができます。

受付で竿を何本借りるかなどを相談し(1本300円)、釣ったニジマスの料金について説明を受けます。

この日のニジマスは大きめのため、1匹あたり約600円前後になるだろうとのことでした。

(1kg/1800円、1匹500円~600円)

クーラーボックスを持ってきていなかったので(販売もされていますが)、食べきれる量の3匹か最大でも4匹までにしようと決めました。

また、子どもたちがまだ一人で完結して釣りができる年齢ではないので、釣り竿は家族で1本借りて交代で使うことにしました。

トップバッターは朝から「待ちきれない~  」様子だった3歳男子!

お父さんに餌をつけてもらい、一緒にスタンバイ。

「さぁ、釣れるかな~。」

数分くらいで、「バシャバシャ!」と当たりが!

お父さんと一緒に「エイッ」と引き上げると、釣れました、釣れました  

大きなニジマス♪

活きがよく跳ねまわる魚にちょっとたじろぎながらも、

しっかりと「獲ったどー!!」のポーズ♪

考えてみたら家族で近くの海に釣りに行ったのは、この子が0歳のころ以来。

ベビーカーにずっといたよね…  

だから今回が彼にとっては初めての釣り体験!

ワクワクが伝わってくる、最高の笑顔を見せてくれました  

まだまだ突然興味のある方向へ走り出す年頃なので、とっさに釣り糸がひっかかりそうになり「危ない!」と駆け寄ることがありました。

釣り堀といえど、小さいお子様には大人がマンツーマンでサポートするのが必須ですね。

「やっぱり釣り堀だから簡単に釣れるね~。こりゃ釣りすぎ注意だね!」とか話しながら、次はお姉ちゃんの番です。

2匹目もすぐ釣れると思いきや、あれ?なかなか当たりがこない…

魚の群れがちょっと遠いかな~と、なるべく近づいてエイッと投げるも、なかなか食いつかない…

ときどき餌が外れたりしながら、何度か投げてみる。

さすが小学生、諦めずに何度もやってみる!

10分くらい経った頃、ついに当たりが!

こんなに大きな魚を釣るのは初めてなので、本人にとっては想像以上に重く感じたことでしょう。

戻されそうになるので、お父さんのサポートで2匹目GET!

「やったー!獲ったどー!!」  

「もう1回やりたい!今度は一人で最後までやってみる!」

と第2ラウンド。

「おっ。かかった!」

引き戻されそうになる…「だいじょうぶ!がんばれー!」

すると、足を踏ん張りぐぐっと自分で引いた!

「すごい!そのまま!もっと、もっと!」

ぐぐぐぐぐっ!

「釣れたー!!」

一回緩めて引き戻されたあとに、力いっぱい一気に引いて持ち上げた7歳女子。

正直まだ一人では無理ではないか…と思っていたのですが、小さな娘のここぞという時にしっかり力を発揮できる成長っぷりに、またじーんときてしまう父ちゃんと母ちゃんでした  

これまた最高の笑顔が出ました  

  

私たちのほかにも5,6グループが釣り堀を楽しんでいましたが、中には抱っこ紐で赤ちゃんを連れながらのファミリーもいらっしゃいました。

海や川へ釣りに行くにはちょっとまだ早いかな…?といった年齢だったり、またその時間や余力がないときなど、気軽に楽しめる釣り堀もいいものだな~と思いました。

(実は私自身、釣り堀は子どもの頃以来でした!)

釣り堀体験、トータル40分くらい!

釣ったニジマスは3匹!

お支払い金額は1919円でした~!


  

【基本情報】

電話:0837-64-0203 

営業時間:9時~16時

駐車場:あり(無料)

体験料金(税込):釣り竿1本/300円(餌付き)、ニジマス1kg/1800円

(目安は、1匹500円~600円前後)

※予約は基本的に受け付けていないので、先着順となります。

釣ったばかりの新鮮なニジマスでランチタイム!♪

お次はお待ちかねのランチタイム!

釣ったばかりのニジマスを持って、すぐ隣の食堂『弁天会館』へ。

こちらでは加工料1匹400円で、

〇洗い(刺身)

〇塩焼き

〇フライ

〇唐揚げ

の中から選んで調理していただけます。

私たちは3匹あるので、洗い、塩焼き、唐揚げの3種で注文しました。

座敷にあがると、窓の外には弁天池のブルーが!  

こちらは池の目の前に建っているので、また違う角度からの光景を楽しめます。

「本当に綺麗だねぇ…」

「こっちから見るとまた違う青色に見えるねぇ…」

ゆっくりと座敷に座ってこの絶景が見られるなんて、とっても贅沢な気がします。

池のちかくのモミジが色づき始めていました。

赤く染まるのは11月中旬ごろからだそう。

紅葉とブルーのコントラスも、見てみたいですね!

10分程で、続々とお料理が運ばれてきました。

キタキタ~ ついにこの瞬間が♪

やっぱり!同じサケ科のニジマスちゃんの洗い(刺身)は、綺麗なピンク色~  

やっぱり!とっても美味しい♪程よく乗った脂の甘味がたまりません  

川魚というと魚臭さを想像する方もおられるかもしれませんが、これだけの透明クリスタルなお水で育った子達で、しかも新鮮そのものでいただくので、臭みやクセは一切感じませんでした。

子どもたちも箸が止まりません!

(美味しいものを食べてるとき、子どもって異様に静かですよね…笑。)

お寿司屋さんに生まれ育ち、生け簀の新鮮なネタで育った夫ですら、「これは美味い」と連発していましたよ~。

続きまして、塩焼きと唐揚げ。どちらも身がふわっとしていて、味わい深く、これまた◎二重丸◎の美味しさでした!

そのほかに注文していたうどんや白飯なども一緒にいただいて、お腹いっぱいです。



【基本情報】

電話:0837-64-0616

営業時間:9時~17時

定休日:水曜日

※12月1日~2月末までは冬季休業

※予約は基本的に受け付けていないので、先着順となります。

厳島神社の巨樹群と、食堂『泉流庭』

お腹が満たされた子どもたちは「早く公園で遊びたい!」と言い始めました。

夫に駐車場の隣の公園へ先に連れてもらっている間に、私は一人別府厳島神社にお参りして、その鎮守の森の中に佇むもう1軒の食堂『泉流庭』のほうへ行ってみました。

たくさんの巨木が立ち並び、荘厳な雰囲気  

それもそのはず、「厳島神社の巨樹群」として市天然記念物に指定されるほどの森なのです。

その奥に、巨樹に囲まれて佇むのが『泉流庭』です。

こちらでも釣り堀で釣ったニジマスを調理していただくことができます。

(加工料は同じで1匹400円)

鎮守の森を散策し、巨樹の景色を眺めながらのお食事もいいですね♪

 


【基本情報】

電話:0837-65-2370 

営業時間:10時30分~16時

定休日:不定休

※通年営業ですが、営業日については事前にお問い合わせください。

※予約は基本的に受け付けていないので、先着順となります。

いろいろなブルー

神社から駐車場まで戻る際に、また別の角度からの弁天池を眺めながら歩きました。

ちょうど太陽の光が戻って、より明るくて深いブルーとなり、木陰の部分など微妙な違いでいろいろなブルーに光り輝いていて…本当に綺麗でした。

訪れた際は、ぜひ1周ぐるりと廻って見ていただきたいです!

(1周約40m)


また、池から続く川底が赤色になっているのも目を引きます。

説明看板によると、これは「ベニマダラ」という藻類の一種が石の表面についているための色で、清流でしか生きられないため環境省の準絶滅危惧種に指定されている生物なのだそうです。

本当に綺麗な水だからこその貴重な光景がそこかしこにありました。


かわいい直売所&カフェ『Benten Blue』

駐車場近くには直売所兼カフェやお手洗いがあり、隣に公園が広がっています。

直売所では『Benten Blue』という小さなカフェが併設されており、地域の物産のほか、ニジマスを使ったスナックやハンバーガー、お弁当、そして弁天池の名水で淹れたコーヒーなどが販売されていました。

マスバーガーがとっても美味しそうでいただきたかったのですが、公園で遊んでいるはずの子どもたち、3歳男子がもう眠いかなんかで車に戻っていたので、今回は諦めました。皆様はぜひー!!


空のペットボトルやタンクも販売されているので、水を汲んで帰ることもできます。

もちろん、ご自分の水筒や持参した容器に汲むことができますよ!

最初にも書きましたが、ほんっとうに美味しくて、体が清められるような水なので、ぜひ飲んでくていただきたいです  

そして水をいただいたあとは、「浄財」をお忘れなく♪



【Benten Blue 基本情報】

電話番号:0837-65-2263 

営業時間:9時~17時

営業日:土日祝

※7月中旬〜8月末まで…毎日営業

※11月中旬〜3月中旬 …休業   

その他の周辺スポット『道の駅おふく』

別府弁天池のあとは、すぐ近くの『道の駅おふく』に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

こちらには、地域の物産や地元食材を使ったレストランがあります。

さらに…

"源泉かけ流し"の温泉があるのです~! 

外には足湯もあります♪

そしてこちら!

美祢市の食材や季節の果物を使ったシャーベットスタンドが人気!

私たち家族も何度もいただいたことがあり、子どもたちも大好き  

だってだって、こちらのシャーベットはなんと乳製品・卵・砂糖・着色料不使用なのです!

砂糖が不使用だなんて信じられないくらい、しっかりと濃厚で素材の甘味が出ていて、とっても美味しい  

おでかけでは、大人も子どももついつい甘いものが多くなりがちなので、心置きなくいただける健康的なスイーツは本当にありがたいです。

これからの季節なら、温泉で温まったあとにスイーツとホットドリンクでほっこりしたいですね♪


弁天池を出てすぐに子どもたちがウトウトしてしまったので、今回は私だけでシャーベットタイム(笑)。

今のおすすめで、旬の「梨」をセレクト。

お味は…「梨」そのもの!

梨を何個くらい使ってんだろう…?って思う、濃厚さでしたよ。



【基本情報】

電話番号:0837-56-5005 

営業時間:シャーベットスタンド   9時~17時

     特産品販売コーナー    9時~18時

     レストラン【平日】  11時~15時 (ラストオーダー 14:15)
          【土日祝】 11時~17時 (ラストオーダー 16:00)

     於福温泉   【平日】    11時~21時 (最終受付 20:00)
          【土日祝】   10時~21時 (最終受付 20:00) 

          【料金】   大人 :500円

                 小学生:250円
                 幼児(3歳以上・小学生未満):100円

                 販売タオル(ロゴ入り):150円

※11月中旬頃より約40日間程度、空調設備の入替を中心とした工事を行うため、

 期間中は於福温泉が休業になる予定です。 

 詳しくはお問合せください。

自然の神秘に身も心も癒されて…

帰りの車で、スヤスヤ眠る子どもたち…  

(前日の土曜日も我が家ではアクティブな休日だったので、小学生のお姉ちゃんも寝てしまいました。)

太古の自然の記憶が遺された水、そしてその豊かさによって育ったニジマス、素材そのものが生きたシャーベットなど…体が喜ぶものをたくさんいただいて、秋吉台の綺麗な空気をたくさん吸って、たくさん遊んだねぇ…

子どもたちの寝顔を見ながら、

「ああ。いい1日だったなぁ。」としみじみ感じる父ちゃんと母ちゃんでした  


今回は行きませんでしたが、秋吉台の中心部は弁天池から約10kmほどなので、ぜひ一緒に訪れて、"地球の息吹"を感じてみてくださいね!

  • 別府弁天池
  • 秋吉台
  • 道の駅おふく

この記事を書いた人

サキエ

神奈川県で生まれ育つ。20代で海外一人旅にはまり、30代で三重県熊野地方に移住。熊野古道ガイドをしながら地域密着型セレクトショップ「木花堂」を開業。休日は海に潜るか山に登るかのどちらかでした。結婚後、夫の故郷山口県へ引っ越し、40代は育児を楽しみながら、自営業でお弁当作りと草編み作家活動をしています。人生を豊かにする旅やおでかけのきっかけとなるような記事を、子どもたちと一緒に大好きな山口県から発信します!

サキエ