• トップページ
  • 山口ふぉとりっぷ
  • 山口市 湯田温泉│ニューヨーク・タイムズで紹介された温泉地を日帰り散策♪白狐伝説にちなんだ可愛いグルメ&スポットがいっぱい!

山口市 湯田温泉│ニューヨーク・タイムズで紹介された温泉地を日帰り散策♪白狐伝説にちなんだ可愛いグルメ&スポットがいっぱい!

白狐(びゃっこ)が見つけたという伝説がある山口市・湯田温泉。
山口県の中心部にあり、新山口駅から乗り換えなしで約20分と交通アクセスが良く、宿泊施設や居酒屋も多いことから山口県観光の宿泊拠点としても人気のエリア♪
…ですが、温泉に入って泊まるだけではもったいない!
ランチにおすすめのお店や話題のカフェ、食べ歩きにぴったりなスイーツなど、白狐伝説にちなんだ可愛い白狐のグルメやスポットを巡って、もっと湯田温泉街を楽しんでみませんか?
全部、日中に楽しめるスポットなので日帰り旅にもおすすめです!ぜひ散策のモデルコースとして参考にしてみてくださいね。
池田モト
池田モト
1292pv
山口市 湯田温泉│ニューヨーク・タイムズで紹介された温泉地を日帰り散策♪白狐伝説にちなんだ可愛いグルメ&スポットがいっぱい!

Column

「2024年に行くべき52カ所」に山口市が選ばれました!

2024年1月、アメリカの The New York Times(ニューヨーク・タイムズ)が「52 Places to Go in 2024(2024年に行くべき52カ所)」を発表し、日本からは唯一「山口市」が選ばれました。山口市が選ばれた理由などをご紹介しています。

「2024年に行くべき52カ所」に山口市が選ばれました!

大きな白い狐がシンボル!湯田温泉の旅はここから「湯田温泉駅」

電車で遊びに来る方はもちろん、タクシーや車を利用される方も、湯田温泉で外せないスポットが湯田温泉駅】です  


目を引くのは駅前にある8メートルもある巨大な白狐の像「ゆう太」くん!

存在感たっぷりのその姿は湯田温泉のシンボル的存在で、観光客の方が写真撮影をされている姿も多く見かけます♪

ゆう太くんの足下には湯田温泉の白狐伝説についてのパネルも  



このゆう太像の後ろには足湯があり、無料で誰でも自由に入ることができますよ♪

目の前に線路が通っているので、電車を眺めるのにもおすすめのスポット    


湯田温泉のお湯はアルカリ性単純温泉で、やわらかく肌によく馴染むので「美肌の湯」とも呼ばれています。

そんな温泉を気軽に足湯で楽しめるのはうれしいですよね!

お湯の温度も高めなので、少し入っているだけで体全体がポカポカ温まってきます。


湯量が豊富な湯田温泉には、実はこうした無料の足湯が全部で6か所あるんです!

散策しながらコンプリートしてみてくださいね  

Column

白狐が化けた?きつねのポスト

湯田温泉駅でもう1つ気になるものを発見…!それがこのポスト  

まるで白いきつねが化けたみたいで可愛いですよね♡

この白いきつねのポストは、湯田温泉駅を含め温泉街に全部で6か所あります 

こちらも散策しながら探してみてくださいね!

白狐が化けた?きつねのポスト

観光情報あつめ&散策の休憩にも!足湯×カフェ「狐の足あと」

湯田温泉に来てみたものの「どこから観光すればいいの?」「山口の美味しいものって何?」、移動で疲れて「ちょっと休憩したい!」。

そんな時には湯田温泉観光回遊拠点施設狐の足あと】に行ってみてください♪

もちろん、名前に「狐」が入っているのは湯田温泉の白狐伝説が由来。


施設内では「窓辺の湯」「四季の湯」「言音の湯」と3つの雰囲気が異なる足湯を楽しめますし、山口県産の食材を使ったスイーツやドリンクも味わえて、湯田温泉や山口市内、山口県内に関する様々なパンフレットで情報収集までできちゃいます!


私も足湯&スイーツでひと休みすることに。



レジで注文し、足湯利用の場合はロッカーの鍵と足を拭くための大きめのおしぼりを受け取ります。

キャリーケースなどをお持ちの場合は預かってもらうこともできますよ。



足湯で服を濡らしたくない場合やタイツやスカートなどで足湯しづらい服装の場合は

無料で借りられる足湯衣装があり、更衣室も利用できるので安心です。


ロッカーに荷物と靴を入れ、館内用のサンダルに履き替えたら、早速足湯へ♪



私のお気に入りは屋外にある「四季の湯」。

屋外とはいえ屋根があるので強い日差しや雨の日でもくつろげます。周囲を木々で囲まれた中に山口市秋穂産の石を組んで作られた足湯があるので、街中であることを忘れてしまうような落ち着く雰囲気もすてきなんです!



足湯の周辺に狐の足あとも見つけました!可愛い仕掛け♡全部で7つあるんですって  



足湯でくつろいでいると、頼んだスイーツとドリンクが運ばれてきました。

私は小さな狐の足あとが可愛い「外郎ミニパフェ 500円」、きつねがにっこり笑っているように見える「狐のカフェラテ 500円」にしましたよ。

飲むのも食べるのももったいないぐらい可愛い  

足湯で温まりながら、美味しいスイーツとドリンクがいただけるなんて至福の時間です♡

カフェメニューで手軽に山口グルメをいただけると、お土産の参考にもなってうれしいですよね。

季節ごとに限定メニューも登場するので要チェックです!


Column

お土産としても人気の山口銘菓・外郎(ういろう)

外郎と言えば名古屋や小田原が有名ですが、じつは山口銘菓でもあることはご存知でしたか?

こちらの記事で山口外郎の特徴やおすすめ販売店を紹介しています♪

お土産としても人気の山口銘菓・外郎(ういろう)



他にも、山口市在住のオートマタ(からくり人形)作家・原田和明さんが制作したゲームや

山口にまつわる展示、白いきつねモチーフのお土産の販売などもありますので館内をじっくり楽しんでくださいね  


【湯田温泉観光回遊拠点施設 狐の足あと】

住所:山口市湯田温泉2-1-3

TEL:083-921-8818

入館料無料(足湯大人200円、小中学生100円)

営業時間:8:00~22:00(年中無休※2月の第3木曜はメンテナンスのため休館)

白い狐がお弁当に!地元の八百屋さんが作る「ゆう子ちゃん弁当」

続いての白狐スポットはなんと八百屋さん  

狐の足あとから歩いてすぐの【八百屋きしもと】、そして同じ店内にある【八百屋さんの手づくりおかずやさん「ぱくぱく!」】です。



地元密着の八百屋さんで、店頭には見ただけで新鮮と分かる地元産のみずみずしい野菜たち!

生産農家さんから直接仕入れ、オーガニック野菜や時には珍しい野菜も並びます。


お店の奥には、八百屋きしもとで扱っている新鮮な地元野菜を中心に使った手作りのお弁当やお惣菜。

お昼の時間帯には次々にお客さんが買いに来られていましたよ!



こちらの白狐グルメはこの「ゆう子ちゃん弁当 1000円」  ※3日前までに要予約

湯田温泉のマスコットキャラクターである白狐のゆう太くんとゆう子ちゃんのうち、ゆう子ちゃんをモチーフにしたキャラ弁です。


湯田温泉の活性化を目指す女性グループ「ゆだもり」が「湯田温泉に特化したお弁当を作りたい」とプロデュースして作ったもので、卵焼きにポテトサラダ、ひじきや酢の物といった色とりどりのおかず、そして山口の学校給食メニューから誕生したご当地グルメ「チキンチキンごぼう」も入っていて食べ応え抜群です!



店内には湯田温泉周辺の観光に役立つマップの配布もありますし、気軽に立ち寄ってくださいね。


【八百屋きしもと・八百屋さんの手づくりおかずやさん「ぱくぱく!」】

住所:山口市湯田温泉1丁目9-1

TEL:083-922-2720※お弁当ご注文ダイヤル090-3371-1180

営業時間10:00~17:00

定休日:日・祝(お弁当・仕出しは不定休)

Column

幸せを呼ぶ!?でぶっちょ招ききつね

八百屋きしもとの入り口付近に、ぽてっとしたフォルムが可愛い「でぶっちょ招ききつね」を発見。

こちらはで八百屋きしもとがある湯の町商店街に全部で6体いるんです♪

それぞれが持つ小道具によって、金運アップ、健康運アップ、勉強運アップなどのご利益があるとか?

同じポーズで写真を撮ると願いが叶うかもしれません  ぜひ探してみてくださいね。

幸せを呼ぶ!?でぶっちょ招ききつね

白い狐の遊具がかわいい!「井上公園」

お弁当を買ったら公園でゆっくり食べるのもいいですね  

湯田温泉にある【井上公園】には白狐モチーフの遊具があるんです!

休日は子供たちで賑わいますし、春は桜、秋は紅葉もきれい  

湯田温泉街でお祭りがあるときにはステージが設置されたり出店が出ることもあります。



公園内には足湯もありますよ~ 


山口を代表する詩人・中原中也の詩碑や種田山頭火の句碑、明治維新の元勲の1人・井上馨の像、休憩所としても利用できる何遠亭(かえんてい)などもありますのでゆっくり見て回るのもおすすめです。


【井上公園】

住所:山口市湯田温泉2丁目5

食べ歩きにおすすめ!長州屋の「白きつねソフト」

次の白狐スポットは旅館や飲食店が立ち並ぶ湯田温泉のメインストリート、県道204号線、通称「湯の町街道」沿いにあります  


「山口県を丸ごと味わえる」がコンセプトの【長州屋 湯田店】

山口名物の瓦そばの他、長州どりの焼き鳥やフグ、地酒など山口の美味しいものがたくさん揃っています!

お土産の販売もあり、品揃え豊富で便利ですよ  



こちらの白狐は…「白きつねソフト 450円」。

白いソフトクリームを狐の体に見立て、アイシングクッキーで作った顔と尻尾がトッピング。

クッキーは手作りしているので、狐の表情もひとつひとつ違うんです♡(中には目がハートだったり、眼鏡をかけたりしたものもあるそう。)

ソフトクリームも濃厚で美味しいですし、食べ歩きにぴったりのサイズ感!暖かくなってきたこれからの時期におすすめの白狐グルメです!


【長州屋 湯田店】

住所:山口市湯田温泉4-1-7

TEL:083-902-3939

営業時間:お土産10:00~22:00、飲食11:00~22:00

定休日:12月31日、1月1日

サクッと食べられるうどんにも?「ゆう太くんのきつねうどん」

朝昼夜に、小腹がすいた時にもサクッと食べられるうどん。

湯田温泉ではうどんまでも狐に変身?といことで【湯田製麺】にやってきました!


20時間かけて熟成させるこだわりの讃岐うどんを提供しているお店なんですが、麺のコシを本場の讃岐うどんより少し落とし、麺の太さも細くすることで山口県民の好みに合わせています!

お出汁も利尻昆布と周防大島産のいりこからとっていて美味しいんですよ  



「湯田温泉の狐にちなんだ料理を出したい」という店長のアイデアで去年登場したのが「ゆう太くんのきつねうどん 610円(昼・夜限定各10食)」。

甘い味付けの油揚げで湯田温泉のマスコットキャラクターゆう太くんを表現!ニコニコ顔がかわいいですよね  写真を撮る方が多いそうです!



しこしこした程よいコシとつるっとしたのど越しの良さ、そして油揚げを噛むとじゅわっと染み出す甘いお出汁は老若男女幅広い世代に好まれるお味。

うどんの麺の下にもう一枚油揚げが隠れていて、満足感もしっかりありました!



天ぷらの種類も多いので

自分好みに組み合わせていただいてくださいね♪


【湯田製麺】

住所:山口市湯田温泉6-4-2

TEL:083-932-3699

営業時間:平日8:00~15:00、17:30~22:00・土日祝8:00~22:00

定休日:火曜 


湯田温泉の新名物!ぷるぷるの白狐の「湯田温泉プリン」

まだまだ白狐グルメはありますよ。

向かったのは、湯田温泉の外れ、メイン通りから歩いて約15分ほどの住宅街に

昨年オープンした【こんこん山】

焼き芋・クレープ・カフェ・駄菓子屋の4つがお店をシェアしています。


古民家を改装した店舗は

湯田温泉を見つけた白狐が棲んでいたという権現山の麓の自然豊かな空間にあり

時間がゆっくり流れていました  



敷地内には白狐伝説に出てくる「白狐が温泉で傷をいやしていた」場所とされる湯田温泉の始まりの池もあるんです!


もちろんお店の名前は白狐伝説から。

きつねの「こんこん」という鳴き声、そして温泉が「こんこん」と湧き出ること、そしておいでおいでと招く山口弁の「来ん来ん?(こんこん?)」といった言葉などさまざまな意味が込められています  



この「こんこん山」で食べられる今年誕生したばかりの白狐グルメが「湯田温泉プリン」!

現在、こんこん山に入っている「MORIC COFFEE(日・月営業 ※5月から月・火に変更予定)」ではイートイン限定の「湯田温泉プリン(400円)」が、

「konoka crepe(水~金営業 ※5月から木~日に変更予定)」ではテイクアウトも可能な湯田温泉プリンをアレンジした「konoka の湯田温泉プリン」を販売。



私は「konoka の湯田温泉プリン550円」をいただきました♪

※第1弾のため今後見た目や価格の変更可能性あり


白い狐が温泉につかる姿を表現していて、狐の体は県産牛乳とクリームチーズを使ったプリン、尻尾はホワイトチョコをコーティングしたメレンゲクッキー、水色の温泉はラムネ風味のソースです  

つやつやプルプルの狐プリンはどの角度から見ても愛らしく、食べてみるとコクのあるプリンとソースの爽やかさがよく合います!

ちなみに湯田温泉プリンの下は苺ジャムやクレープ生地、カスタードクリーム、スポンジ生地などが入っていましたよ♪



可愛い狐プリンはSNS映えもしそう♡湯田温泉の新名物をご賞味あれ!


【こんこん山】

住所:山口市萩町1-8

TEL:なし

営業時間・定休日:各店舗により異なります

白狐伝説起源の地で発見!「白い狐のおみくじ&お守り」


最後にご紹介する白狐スポットはこんこん山から歩いておよそ5分。

白狐伝説起源の地・権現山に鎮座する「熊野神社」です  縁切りや縁結びの神社としても知られています。


鳥居から本殿へは約130段の長い階段を上らなければなりません!

運動不足の私にとっては長い長い道のり。かなり良い運動になりました  



登りきると本殿が見えてきました!



こちらには湯田温泉の白狐をイメージした「狐面みくじ」と「白狐守り」があるんです。

特に私のイチオシはおみくじ。



結んだ形が白い狐の顔になっているので、内容を読み終わって結んで帰る際にも可愛らしい姿のままなんですよ  


今回は雨でぬかるんでいたため通りませんでしたが、神社の裏には温泉を見つけた白狐が通ったかもしれない「白狐の小径」もあります。


湯田温泉の伝説の舞台となった「熊野神社」へお参りに来てみませんか?


【熊野神社】

住所:山口市熊野町2-2

白狐を巡って湯田温泉を満喫しよう♪

今回は山口市・湯田温泉の「白狐伝説」にちなんで、白狐にまつわるスポット&グルメを巡ってみました!

至る所に可愛らしい白狐が隠れていてほっこり  

宿泊施設&居酒屋を利用される方が多い温泉街ですが、今回紹介したように日中巡れるスポットも沢山あるんです!

ぜひ可愛い白狐を探しながら湯田温泉街を楽しんでくださいね♪

  • 湯田温泉駅
  • 狐の足あと
  • 八百屋きしもと・八百屋さんの手づくりおかずやさん「ぱくぱく!」
  • 井上公園
  • 長州屋 湯田店
  • 湯田製麺
  • こんこん山
  • 熊野神社

この記事を書いた人

池田モト

生まれ育った山口県がぶち好きなんちゃ!1児(3歳)のママ。趣味はおでかけ、特技はお出かけの情報収集。

山口県を拠点にフリーアナウンサー、取材力を活かしてライターとしても活動しています。

「もっと山口が好きになる・知りたくなる・行ってみたくなる」山口県にある数えきれない魅力を県内外に発信していきます!

池田モト