福岡県と山口県を結ぶ関門トンネルを歩く!ランチ・PAなど唐戸~壇ノ浦周辺をご紹介!

本州の最西端に位置し、九州への玄関口でもある山口県下関市。
関門橋や関門トンネルを利用して、九州と車で行き来ができることはご存じかと思いますが、徒歩でも行き来ができるんです!
今回は、九州から歩いて渡る方法と、渡った先にある下関のおすすめ散策コースをご紹介します!
rodeo
rodeo
1522pv
福岡県と山口県を結ぶ関門トンネルを歩く!ランチ・PAなど唐戸~壇ノ浦周辺をご紹介!

本州↔九州を歩いて渡る!?【関門トンネル人道】

関門トンネルとは、山口県下関市と福岡県北九州市を繫ぐ全長780メートルの海底トンネルです。

トンネル内は上下2層に分かれており、上部が車道、下部は歩道(関門トンネル人道)となっていて、徒歩15分ほどで歩ききることができます。


海底を歩けるなんて珍しくてワクワクしますね♪



トンネルの中間には山口県と福岡県の県境があり、「県跨ぎ」の写真が撮れる注目のスポットです!

観光客にも人気のフォトスポットで、子供たちも喜んでいました♪



ここを歩いて渡る方におすすめなのが、関門海峡を徒歩で渡ったという証明書「関門TOPPA!記念証」をGETすることです!

門司側と下関側の両方で専用用紙に記念スタンプを押すと、1つのスタンプが完成するようになっています。

スタンプ台は関門トンネル人道の両側のエレベーターホールに設置されています。



スタンプを2つ押し、下関側のトンネル出入口の市村蒲鉾店内にある観光案内所で提示して、「関門TOPPA!記念証」が貰えました。

記念証は、下関・門司どちら側でもGETできます。詳しくはこちらをご覧ください。

「関門TOPPA!記念証」には観光記念だけでなく恋愛や健康、この時期にぴったりな合格を祈願した記念証もありますので、ご家族へのプレゼントとしても喜ばれそうですね♪

ちなみに、わが子は「ピンクがいい」と恋愛成就を選んでいました笑



下関側の「関門プラザ」には、関門トンネルや関門橋の建設時の写真や模型など貴重な資料が展示されています。

子供たちにもわかりやすい、トンネルを紹介する動画もありました。無料で観覧できますので、是非お立ち寄りください。


■関門トンネル人道 基本情報

通行可能時間:6:00~22:00

料金:歩行者無料 / 自転車・原付50CC以下20円

整備された壇ノ浦エリアを歩く【壇ノ浦コースト】

関門トンネル人道の下関側に出ると、まず目に入るのは関門橋。

関門橋は全長1,068mの吊り橋で、1973年の開通当時は東洋一の長さを誇っていました。

そんな関門橋ですが、今年2023年開通50年を迎え、30年ぶりにライトアップがリニューアル!

下関側からは、門司港レトロの夜景をバックにした関門橋のライトアップを楽しむことができます。

ぜひ夜も訪れてみてくださいね。



関門橋に引き寄せられるように海側へ向かうとみもすそ川公園があり、関門橋を背景に八艘跳びの源義経と錨を担いだ平知盛の像がお出迎え♪

治承・寿永の乱の最後の合戦「壇ノ浦の戦い」の舞台となったのが、ここ壇ノ浦の海上です!



園内を北に進むと、幕末の攘夷戦争や下関戦争で使用された八十斤長州砲を原寸大に復元した大砲が見えます。100円を入れると大砲の音や噴煙が出ますよ♪

みもすそ川公園を関門橋方面へ向かうと、壇ノ浦コーストに続きます。

壇ノ浦コーストは平成27年に整備された舗装路で、関門橋の下をくぐることができます。関門橋を下から撮影するのもよいですね♪



壇ノ浦コーストを抜けると壇ノ浦漁港の船だまり、趣深い舟屋が見えてきます。

国道に近い場所とは思えないほど静かな場所でした。



みもすそ川公園から壇ノ浦漁港の間には、山の傾斜を活かした構造の立石稲荷神社があります。

平家が西に下ったとき伏見稲荷の分霊をここに祀ったといわれている神社で、海の青と鳥居の赤のコントラストがとてもきれいでした。


天気の良い日におすすめの散歩コースですよ♪


■みもすそ川公園 基本情報

営業時間: 24時間(八十斤長州砲の利用は9:00~17:00まで) 

料金:無料(八十斤長州砲は100円)

電話:下関市観光施設課 083-231-1838


ここも歩いて行ける!【壇ノ浦パーキングエリア】

本州最西端の高速道路パーキングエリアの「壇ノ浦パーキングエリア」。

目の前で関門橋や関門海峡を見ることができ、ドライブの休憩に立ち寄る方が多い、人気のパーキングエリアです。


壇ノ浦パーキングエリアは、高速道路から車で行く以外にも、下関側(ウェルカムゲート壇ノ浦PA(下り))から歩いて入ることができ、立石稲荷から徒歩約12分ほどで到着します。

高速道路に乗らず一般道から車で行くこともできますので、徒歩が難しい方も安心です!(PA隣接の駐車場7台分あり)

一般道からのアクセスは少し道が細く分かりにくいので、お気を付けください。


※現在は工事中のため入口が変わっています。標識や案内を確認しながら行ってくださいね 。

2021年にリニューアルされたパーキングエリア内には24時間営業のショッピングコーナーがあり、入ってすぐに大きなシロナガスクジラがお出迎えしてくれます♪

写真では伝わりづらいかもしれませんが想像以上の大きさでした。館内には下関市関門エリアをはじめ県内各地の様々なお土産が揃っています。

お土産を買い忘れた!なんて時にも、とっても助かるスポットです。

施設内にあるフードコートの「海響KITCHEN」では、唐戸市場などから仕入れた新鮮な魚介類のメニューや、瓦そばなどの地域伝統の味をいただくことができます。



私のおすすめは山口県名物瓦そばです♪県外から来られた方はもちろん、県内の方にもおすすめの1品です。

関門橋を眺めながらいただくお料理は最高でした♪



お土産を買って、食事のあとは2021年に新たにできた2階展望デッキへ!

関門橋に、より近い場所から撮影できるおすすめのスポットです。


■壇ノ浦パーキングエリア 基本情報

フードコート・ショッピングコーナー

営業時間:24時間(フードコートはメニューによって提供時間が異なります。詳しくはHPをご覧ください。)

唐戸の人気ランチスポット【Trattoria ALBERI(トラットリア アルベリ)】

1971創業の老舗イタリアンTrattoria ALBERIはいかがでしょうか?

昔この近くに住んでいたことがあり、地元の方にも人気だったのでご紹介します。

店内はおしゃれな大人の空間となっており、下関の旬の食材を用いたイタリア料理を味わえる、隠れ家的なお店です。

店舗1Fが駐車場となっていますので、お車でお越しの方もご安心ください。

今回お食事はいただかなかったのですが、今の時期のランチではこんなお料理が楽しめるそうです!


・秋刀魚と焼き茄子のペペロンチーノ(画像1)
・鮑のリゾット(画像2)
・長萩和牛のロースト(画像3)
・関門ダコのトラパネーゼ(画像4)

(※写真はお店から提供いただきました)


ランチはメイン(パスタ・ピザ・お肉など)にサラダとドリンクが付いたメニュー。

メインは季節の素材によって変わるそうなので、様々な季節に訪れたいですね。


■下関イタリアン Trattoria ALBERI  基本情報

営業時間:[ランチ]11:00~14:30 [ディナー]17:30~22:00

定休日:月曜日(祝日の場合火曜)

連絡先:083-231-1016

住所:下関市中之町8-20

駐車場 : 12台

唐戸~壇ノ浦エリアは秋の散策にぴったりだった♪

今回は九州から山口県に歩いて渡り、周辺を散策しました。

「海峡を歩いて渡る」という、人に話すと驚かれそうな体験を気軽にできたことに感動しました。

子供たちもとても楽しんでいましたので、ファミリーにもおすすめです!


遊歩道が整備されており、潮風を感じながら美しい海沿いを歩くことができる唐戸~壇ノ浦エリアは、秋の散策にぴったりな絶景と癒しスポットだと感じました♪

風や日差しを遮る建物がないため、過ごしやすい秋や春の時期がおすすめです。ぜひ皆さんも行ってみてください♪

  • 関門トンネル
  • ウェルカムゲート壇ノ浦PA(下り)
  • 壇之浦パーキングエリア
  • Trattoria ALBERI

Column

【関連記事】唐戸市場と周辺のおすすめスポット!

山口県の大人気スポット唐戸市場で天然ふぐやお寿司を堪能!記事では、唐戸市場のほか、周辺のおすすめスポットやおしゃれなカフェをご紹介しています。

【関連記事】唐戸市場と周辺のおすすめスポット!

この記事を書いた人

rodeo

下関市在住(長男10歳自閉症スペクトラム症児、長女7歳小1、次女4歳年中、次男2歳児)4児の父。長男が快適に旅を行えるように、DIYしたキャンピングカーで全国を旅しています。人ごみを避けて早朝移動・車移動に車中泊が基本の我が家。そんな我が家の視点で山口県を旅する様子や山口県の魅力をご紹介します。

rodeo