【山口県宇部市】野外彫刻の国際コンクール『UBEビエンナーレ』で、この秋は芸術に触れてみよう!

『UBEビエンナーレ』はなんと1961年に始まった世界で最も歴史ある野外彫刻コンクール!
実は全国でも有名な彫刻家の作品が集まるとの事で10万人以上の方が訪れるとの事!
会場のときわ公園「彫刻の丘」や園内の注目スポットを巡って来たよ♪
彫刻ってなんだか難しそう・・と気負わず、気軽に散策する気持ちで行ってみて下さい♪
ぐっちゃー
ぐっちゃー
477pv
【山口県宇部市】野外彫刻の国際コンクール『UBEビエンナーレ』で、この秋は芸術に触れてみよう!

『UBEビエンナーレ』で彫刻を鑑賞してみよう!

  • 広々とした空間には本等も置かれてます。
  • 色を塗ったりして遊べますよ♪

第29回UBEビエンナーレは山口県宇部市の「ときわ公園」内の「UBEビエンナーレ彫刻の丘」が会場となっており、国内外の応募の中から選出された15点の野外彫刻が展示されています。

会場の「ときわ公園」は東京ドーム約40個分のとっても広い総合公園で、動物園・遊園地・植物園等・キャンプ場もあって一日では周りきれないと~~っても広い公園です。ユニークで刺激的な彫刻達が所々に点在し、映えスポットが沢山あるので写真撮影をされてる方が多いですよ♪休日はファミリーでのんびり過ごされてる方たくさん見かけます。


「変身」松本勇馬氏作

一番に目に入って来たのはこちらでした!!2m×3mくらい?大きくて今にも動きそう  

こちらの彫刻には2つの物語があり、

1.体が人ではないものに変身して家にひきこもってしまうカフカの「変身」の物語。

2.二足歩行に「進化(変身)」した人類。の物語。 

感染症を体験した世界に「共生して生きること」の意味を強く暗示してる作品だそう。

時代に合わせて生きるために変化しないといけない今の世をあらわしてるのでしょうか。。。


「心景」 北川太郎氏作

新聞の刷り損じの紙やネスカフェの店舗から出るコーヒーかすから作られた廃材アート。

中に入ったり触れることも可能です(優しくね)

「ディスタンス」西澤利高氏作

 第29回UBEビエンナーレ大賞はこちらの作品。高さ約2メートル10センチ、幅1メートル96センチの無色のアクリル板でできた2つの楕円(だえん)が重っていて、向こう側が歪んで見えます。

コロナ禍で変わった人と人の接し方、すぐそこにあるはずの向こう側の景色がゆがんで見えるもどかしい距離感を表現しているとの事です。今の時代を表す彫刻ですね。

現在ときわミュージアムでは「第29回UBEビエンナーレ」入選作品プラン展を開催しており、入選作品プラン40点が展示されています。

ライブラリーではプチ図画工作(オリジナルペーパークラフト・彫刻ぬりえ・思い出スケッチブックなど)季節ごとに簡単な工作も楽しめます♪


『ときわ湖水ホールアートギャラリー』では「井田克己彫刻展」を開催中。

巡る”時”に向き合う体験空間となっていて、まるで異世界のような神秘的な雰囲気を体感できます。



(基本情報)

『第29回UBEビエンナーレ』

2022年10月02日(日) ~11月27日(日)   

入園無料 9:00~17:00


『彫刻ライトアップ』

2022年10月2日(日)~2023年1月9日(月・祝)

入園無料 17:30~21:00


『UBEビエンナーレライブラリー』

入館無料 9:00~17:00 

※火曜日及び年末年始(12月29日~1月1日)休館 

ただし、火曜日が休日・祝日の場合は開館し、翌日休館


『ときわ湖水アートギャラリー』

入場無料 10:00~16:00

※火曜日及び年末年始(12月29日~1月1日)休館 

ただし、火曜日が休日・祝日の場合は開館し、翌日休館


※お車でお越しの場合駐車料金がかかります

アートのまち宇部市。美の彫刻たちを眺めてみよう!

宇部市には至る所に彫刻があり、まち全体が美術館のよう。恩田運動公園には『再開の門』(橋本章氏作)、『若人たち』(山内壮夫氏作)等素敵な彫刻が。

季節、天候、時間や見る角度で印象が変わり、私が訪れた時は夕陽が当たってとても神秘的でした。 

『好縁・好円』小川徹也氏作。

山口宇部空港のふれあい広場にも。撮影日は超快晴の日で彫刻とのコントラストが非常に綺麗でした。お子さんと写真撮ったりすると絶対にいい写真が撮れると思います~   

『Locus of Time』田辺武氏作

恩田運動公園や山口宇部空港には、この他にも様々な野外彫刻が展示されています。



Column

市内の彫刻作品を網羅した「うべ彫刻マップ」でアート散策!

宇部の市街地を歩いてみると、もっとたくさんの彫刻作品に出会えますよ♪

「うべ彫刻マップ」を片手に、アート散策に出かけてみてはいかが?


Mapはサイトからダウンロードできるほか、UBEビエンナーレでも配布しています。

『世界を旅する植物館』他では見られない貴重な植物を見てみよう!

さてここからは、ときわ公園内のおすすめスポットをご紹介します!

UBEビエンナーレ会場のひとつ「ときわミュージアム」に併設している『世界を旅する植物館』は、その名のとおりアジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、中国等、8つのゾーンに分かれていて、世界を旅するように珍しい植物や花、果実を見ることが出来ますよ❗️

これは。。。なんだろう!?かしわちゃんとダースベーダーのコラボです  (アリストロキアサルバドレンシスという植物でした)

こちらの植物は虫の音や楽器の音に反応して小さい葉がくるくる回り出すとの事。試してみると(スマホで実際に音楽をかけてみました)本当にくるくる回り出しました!小さい1㎝位の葉がくるくる舞うのです  可愛いー  

こちらは熱帯アメリカのシンボルツリー「パラボラッチョ」。スペイン語で「酔っ払いの木」。


他にも珍しい植物が沢山あるので行ってみてね♪

お子様はクイズ等に答えながら回ったりされてましたよ  ボランティアガイドさんがいらっしゃるので分からない事があったら教えてくださいます♪


(基本情報)

『世界を旅する植物園』入館料 一般:300円(18歳以上70歳未満)、70歳以上:200円 

(団体割引あり)

開館時間/ 9:30分~17:00(入館は16:30まで) 

休館日/火曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

『焼肉広場ボンボン』で大満足のランチタイム!

ときわ公園内に地元で大人気の焼き肉屋さんがあるのをご存知ですか?

お昼時はすぐに満席になるのでお早めに  写真はタン塩ランチ(120g)1,420円(税込1,562円)。他ランチもリーズナブルに美味しく楽しめます♪

窓辺の席では常盤湖が一望できますよ。

『Bar Miel(バルミエール)ときわ湖畔店』

こちらではコーヒー、ジェラート、シフォンケーキ、ソフトクリーム等がありますー♪自販機もここに沢山あるので、遊び途中に寄ってみてね♪

鯉のエサも100円で売られてます。↑何歳になってもエサやりは無心になれて面白かった  

Column

冬の夜を彩るイベント『TOKIWAファンタジア2022』が11月27日(日)スタート!

冬の人気イベント「TOKIWAファンタジア」が今年も始まります♪

巨大ツリーや様々なイルミネーション作品、最新デジタル技術によるライトショーなど、

夜の遊園地が胸躍るエンターテインメントの世界に生まれ変わります。 


さらに「世界を旅する植物館」では、新企画「ナイトミュージアム」を開催!

昼間とは違った幻想的な世界を楽しんでみて。


「TOKIWAファンタジア」の詳細はコチラ

冬の夜を彩るイベント『TOKIWAファンタジア2022』が11月27日(日)スタート!

この記事を書いた人

ぐっちゃー

県外から山口県に初めて来られる方へのご案内等をしていく内に「山口県って実は凄かった!楽しめた!」と言われる事が何度かあり観光客の方向けにももっと濃い内容を詳しく発信したいなと思ったのがたびトモライターになったきっかけです。
地域の再生と更なる発展を願い、是非多くの方に見ていただき山口県に足を運んでいただけると幸いです。

ぐっちゃー