長州藩上屋敷跡

長州藩上屋敷は、慶長8年(1603)9月に、藩主毛利秀就が徳川家康より拝領したことに始まります。

江戸城桜田門外にあり、表門は西の丸下を囲む内堀ぞいの道に面しており、17,170坪あまりの敷地であったと記録されています。

周囲には仙台藩伊達家、米沢藩上杉家、黒羽藩大関家などの江戸屋敷があり、現在の日比谷公園の北西部と、法務省のあたりがその跡地です。

基本情報

住所
東京都千代田区霞が関1丁目
アクセス
・霞ヶ関から徒歩
(東京メトロ丸の内線B2出口・千代田線日比谷駅A14出口)

レコメンド

周辺にあるスポット

旧新橋停車場
旧新橋停車場
more
蕃書調所跡
蕃書調所跡
more
長州藩下屋敷跡
長州藩下屋敷跡
more
吉田松陰終焉の地
吉田松陰終焉の地
more
皇典講究所跡
皇典講究所跡
more
迎賓館
迎賓館
more
乃木神社
乃木神社
more
長府藩邸跡
長府藩邸跡
more
遠藤謹助墓
遠藤謹助墓
more
青山霊園
青山霊園
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

宗隣寺
宗隣寺
more
蓋井島
蓋井島
more
吉田松陰の最初の墓
吉田松陰の最初の墓
more
毛利氏庭園・毛利博物館
毛利氏庭園・毛利博物館
more
松下村塾
松下村塾
more
龍福寺
龍福寺
more