吉田松陰の最初の墓

カテゴリー
名所・史跡
墓所

【施設概要】

小塚原は江戸時代、処刑場の一つで、小塚原回向院は寛文7年(1667)に病刑死者の屍を埋葬するため創建されました。

 吉田松陰が処刑された後、在江戸の門下生たちは師の遺骸を取り戻すため奔走し、その至誠情熱はついに獄吏をも動かし、引き渡しを受けて小塚原回向院に埋葬することができました。

 後日、松陰の遺骸は高杉晋作らによって、世田谷若林に改葬されましたが、松陰の義弟でもある久坂玄瑞の筆で「松陰二十一回猛士」と書かれた墓碑は、現在も小塚原回向院に現存しています。

基本情報

住所
東京都荒川区南千住5丁目33番13号
アクセス
・東京メトロ日比谷線南千住駅から徒歩

レコメンド

周辺にあるスポット

玉乃世履墓
玉乃世履墓
more
遠藤謹助墓
遠藤謹助墓
more
吉田松陰終焉の地
吉田松陰終焉の地
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

山縣有朋墓
山縣有朋墓
more
大内義隆供養塔
大内義隆供養塔
more
松浦松洞誕生地
松浦松洞誕生地
more
ありが島海の家
ありが島海の家
more