伊藤博文墓

カテゴリー
名所・史跡
墓所

伊藤博文は現在の山口県光市の出身で、9歳のとき、萩の足軽伊藤家の養子になりました。松下村塾に学び、高杉晋作らと尊攘、討幕運動に奔走し、維新後は憲法制定に尽力し、初代内閣総理大臣を務めましたが、明治42年10月26日にハルピン駅頭で暗殺されました。

伊藤博文が晩年を過ごした品川区西大井の一角に伊藤博文の墓所があり、周辺は伊藤町という地名がつけられましたが、区画整理により惜しくも失われてしまいました。

現在でも、伊藤小学校、伊藤中学校という校名に、その名ごりがあります。

なお、墓所は通常門が閉ざされており公開されておりませんが、10月26日の命日には中に入ることができます。

基本情報

住所
東京都品川区西大井6丁目
アクセス
・JR横須賀線西大井駅から徒歩

レコメンド

周辺にあるスポット

土蔵相模跡
土蔵相模跡
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

小方謙九郎の墓、小方市右衛門の墓、小方弘徳君碑
小方謙九郎の墓、小方市右衛門の墓、小方弘徳君碑
more
おとどいやま森林公園
おとどいやま森林公園
more
山田顕義墓
山田顕義墓
more