五卿登陸処

文久3年(1863)の「八・一八の政変」後、勤王派の7人の公卿が京都を追われ、3隻の船に分乗して兵庫を船出して長州に向かいました。1番船には三条実美、2番船には三条西季知・壬生基修・四条隆謌・錦小路頼徳、3番船には東久世通禧・沢宣嘉が乗り込みました。

3隻とも三田尻まで直行する予定でしたが、嵐のため1番船と2番船は笠戸に1泊し、翌日徳山の東浜崎に上陸し、陸路三田尻に向かいました。

この五卿が東浜崎に上陸したことを記念し、上陸地点(旧東浜崎)の近くに、大正2年(1913)に道源権治により「五卿登陸處」の石碑が建立されました。

基本情報

住所
山口県周南市晴海親水公園
お問い合わせ
周南市観光交流課
電話番号
0834-22-8372
アクセス
・山陽自動車道徳山東ICから車10分
・JR徳山駅から徒歩15分

レコメンド